投稿ナビゲーション

After Effectsで覚えておきたい5つの基礎エクスプレッション

After Effectsで覚えておきたい5つの基礎エクスプレッション
Pocket
LINEで送る

After Effects で映像制作をしていくと同じ動きのアニメーションを大量に作ったり、手付けアニメーションでは難しいいランダムにオブジェクトを動かすアニメーションを作成する場合が出てきます。時間をかければ1つずつ作っていくことも出来ますが、期日があれば時間が足りない事が多いです。

そんな時は、After Effectsの作業にスクリプトを導入してみると良いです。AEではエクスプレッションというスクリプトをアニメーションやエフェクトに組み込んだり制御することができます。AEでスクリプトを使うなら覚えておきたい5つのエクスプレッションを紹介します。

スポンサードリンク

覚えておきたい5つのAEエクスプレッション

Top 5 After Effects Expressions and Tips on how to use expressions for better Animation – Tutorial from Sean Frangella on Vimeo.

  1. wiggle(): オブジェクトをカタカタ、ガタガタと動かしたいときに使うエクスプレッション
  2. time(): タイムラインの再生時間を拾ってくるエクスプレッション。レイヤーのトランスフォーム系オプションに適応すればキーフレームを打たなくてもオブジェクトがアニメーションするようになります。
  3. loopOut(): コンポジションの再生が終わったら、頭からまたループ再生させるエクスプレッション。ループさせたいコンポジションにタイムリマップをかけて、さらにこのエクスプレションを使えば簡単にループ再生する映像が完成。
  4. seedRandom(0): wiggle()などランダムにオブジェクトを動かすエクスプレッションの動きを制御するエクスプレッション。通常、レイヤーごとにランダム生成される動きは異なる為、このエクスプレッションを入力することでランダム感が統一できます。
  5. MathRound(): 小数点以下などを四捨五入して整数にします。テキストレイヤーに数値をランダムに表示させたり、カウントダウンするアニメーションを作るときには必要なエクスプレッション。

まとめ

1番のwiggle()を使うだけでも映像のクオリティはぐっと上がります。AEでスクリプトを使ったことがないユーザーは、そこから少しずつ2番目以降のエクスプレッションを覚えて行くと良いです。エクスプレッションは単体でつかうというよりも組み合わせて使ったほうが威力を発揮できます。

AEのエクスプレッションに興味をもったは良いけど、なんかスクリプトは難しそうと思ったら「ゼロからのAfter Effectsエクスプレッション奮闘記―エクスプレッションがわからん!」の電子書籍がおすすめです。

日本語でAEエクスプレッションを丁寧に解説している「Animeの道具箱(da-tools.com)」をAEエクスプレッションプロ、松見真一 氏が著者のおすすめできる書籍です。書籍の詳細情報は、「エクスプレッションがわからん! はじめてのAfter Effects エクスプレッション奮闘記 |」からどうぞ。

Pocket
LINEで送る

XYZノートのFacebookページに参加しませんか?

最新情報はRSSかTwitterからどうぞ!

スポンサードリンク

コメントを残す