投稿ナビゲーション

After Effectsでプラグインを使わずに3DCGモデル(objファイル等)を読み込む方法

After Effectsでプラグインを使わずに3DCGモデル(objファイル等)を読み込む方法

After Effectsでプラグインを使わずに3DCGモデルを読み込む方法を解説したチュートリアルを紹介します。先日、Video CopilotよりElement 3D v2がリリースされAfter Effectsで3DCGを使うプラグインとして話題になっていますが、プラグイン代の2,3万もお金ないよ・・・というクリエイターの方はぜひ参考にしてみてください。ただし、Photoshopが必要です。

本チュートリアルは、Photoshopに3DCGデータ(obj,3ds, dae, kmz, u3d)を読み込んでPSDファイルとして保存し、After Effectsに読み込みます。最新版のAfter Effects CCではCINEMA 4Dの簡易版がついてきますので、CS6、CS5.5を現役で使用しているユーザーは役に立つ内容です。

ライティングやレンダリングされたイメージのクオリティに関してはそれほど期待できる物ではありませんが、さくっと3DCGモデルをAfter Effectsに取り込んで使用できます。フォトリアルにしたければやっぱりElement 3D等有償プラグインに負けてしまいます。

チュートリアル情報

  • 使用ソフトウェア: Adobe After Effects, Photoshop
  • 難易度: 初級~中級
  • 再生時間: 2:47

チュートリアル

XYZノートのFacebookページに参加しませんか?

最新情報はRSSかTwitterからどうぞ!